肌質別洗顔料の選び方記事一覧

普通肌の人は洗顔料選びにそれほど苦労しないで済むでしょう。とくにこれといった肌トラブルを抱えていない人は価格や製品のイメージなど好みに合ったものを選んでも大丈夫です。洗浄力が強すぎると、敏感・乾燥に傾く恐れがあるので、適度な洗浄力のものを選ぶただし、肌質は生まれつき備わった面だけでなく、生活習慣によっても変化します。とくに注意したいのが加齢による老化。年齢を重ねるごとに乾燥しやすい環境になるため、...

乾燥肌の洗顔料選びのポイントはこれ以上乾燥を悪化させないことです。そしてもうひとつ、洗顔が乾燥の原因にならないような製品を選んでいくことが重要です。アミノ酸系洗浄成分が使われていて、泡立ちがいいものが適している肌質は生まれつきだけでなく生活環境、そしてスキンケア環境によっても変化します。とくに現代人に多いのが誤ったスキンケアによる乾燥肌の加速です。もともと普通肌の人が刺激や洗浄力が強すぎる洗顔料を...

敏感肌は洗顔料選びがもっとも難しい肌質です。なにしろ刺激に敏感なため、使用できる洗顔料が限られてしまいます。無理して使用するとますます肌に負担がかかったり、乾燥が加速して悪化してしまいます。カサカサになってしまった肌は紫外線に敏感になりシミやシワができやすくなるほか、バリア機能の低下による吹き出物、炎症などの肌トラブルができやすくなります。石鹸タイプは低刺激な上、自然由来成分を使用しているので、肌...

オイリー肌(脂性肌)の洗顔料選びのポイントはやはり過剰気味な皮脂をしっかりと除去できるかどうかがポイントとなります。そのためには洗浄力が問われるわけですが、洗浄力が強い製品を選べばそれでよいというわけにはいかないのが難しいところです。泡立ちの良さだけでなく、毛穴の奥まで入り込んでくれる粒子が細かい泡の洗顔料を使う肌質はスキンケア環境、とくに洗顔環境によって変化します。オイリー肌(脂性肌)の方も不適...

ニキビ肌の方の洗顔は慎重に行わなければなりません。すでに起こっている炎症を悪化させないためには不要な刺激をできるだけ与えないように心がける必要がある一方、ニキビの原因となる皮脂汚れや角質の詰まりをしっかりと除去していく必要があるからです。そのためは適度な洗浄力で肌に負担をかけずに洗っていく環境が求められます。泡の持ちが良い物、ニキビ肌向けの洗顔料から選ぶそんなニキビ肌の洗顔料選びの最大のポイントは...